旧土佐山村 【廃校小学校】西川  桑尾  弘瀬  中切  土佐山西  土佐山東  土佐山
        【廃校中学校】土佐山
        【休校小中学校】なし  小7中1合計8校
        【現存小中学校】市立義務教育学校土佐山学舎
        【現存中学校】土佐山  小1中1合計2校
  土佐山中は小学校の統廃合に絡み、移転している

学校統廃合の流れ
1966(昭和41)年 中切小学校・弘瀬小学校を統合し、土佐山西小学校に
1975(昭和50)年 桑尾小学校・西川小学校を統合し、土佐山東小学校に
1979(昭和54)年 土佐山西小学校・土佐山東小学校を統合し、土佐山小学校に
2016(平成28)年 土佐山小中学校廃校、小中一貫の新設校に

参考文献 土佐山村史  土佐山のくらし
Thanks 土佐山村教育委員会

学校名の上でクリックすると各学校の紹介にジャンプします
          

 土佐郡土佐山村は高知市のすぐ北側の山村である。ここは昭和の大合併は関係なく明治以降1村として存在している。しかし平地が極端に少ないことと交通の不便さもあって人口は減少を続け、終戦直後は2,600人だったのが2000(平成12)年度には1,200人強に減っている。今でこそ高知市から村役場前まで2車線の立派な道路が通ったが、昭和の終わり頃までは乗用車の行き違いすら苦労する狭い道であった。
 平成の合併では西隣の鏡村とともに高知市と法定合併協議会を立ち上げ、協議は順調に進んだ。途中助役による巨額の使途不明金問題もあったものの、2005(平成17)年元旦をもって高知市に編入された。実質的には吸収となる合併でこの地域がどうなるのか、まがりなりにも高知県一の都市である高知市と高知県の中山間部の縮図であるこの村の合併の行方は興味深いものがある。